忍性菩薩御生誕800年記念に際して、企画されているツアーの紹介をします。

2016年 9月18日(日)
奈良博「忍性展」解説付き特別観覧とゆかりの地巡りツアー

知られざる鎌倉時代のスーパースター

忍性菩薩とは
良観房忍性(りょうかんぼうにんしょう 1217-1303)は、鎌倉時代の律僧で建保5年(1217)に大和国城下郡屏風里(現在の奈良県磯城郡三宅町屏風)で生まれました。文珠信仰と行基菩薩を厚く信仰し、西大寺の叡尊(えいそん)を師として、貧者や病人の救済にも努力を惜しまず、特にハンセン病患者を毎日背負って町に通ったという話は有名です。後半生は活動の拠点を鎌倉に移し、戒律復興と社会事業を展開しました。人々の救済に努めた忍性に、後醍醐天皇は生前の功績をたたえ「菩薩」号を追贈されました。
般若寺のコスモス開花時期は例年9月末〜10月頃です。
◆ご旅行日
9月18日(日)
◆ご旅行代金
お一人様9,800円
※行程内交通費、入館料、拝観料、昼食代、ガイド代、保険料、消費税込み
◆募集人数
定員20名/最少催行人数12名
◆スケジュール (行程内記号:バス移動 ===、徒歩移動 ---)
9:30 近鉄奈良駅 出発 --- 奈良国立博物館(忍性展特別解説付き観覧) --- 昼食 ===般若寺 === 北山十八間戸 === 西大寺 === 浄土寺 === 忍性墓 === JR奈良駅 === 17:40頃  近鉄奈良駅 解散予定